Research and Grant

Research

Articles, reports and books

  • Sato D, Sato F, Sato N, Arinaga Y. The Effects of Telenursing Aiming to Prevent Postsurgical Complications and Improve Quality of Life among Patients with Prostate Cancer. Int J Nurs Clin Pract 6: 309. 2019.
  • ARINAGA, Yoko, et al. The 10-Min Holistic Self-Care for Patients with Breast Cancer-Related Lymphedema: Pilot Randomized Controlled Study. The Tohoku journal of experimental medicine, 2019, 247.2: 139-147.
  • Sato, F., Arinaga, Y., Sato, N., Ishida, T., & Ohuchi, N. The perioperative educational program for improving upper arm dysfunction in patients with breast cancer at 1-year follow-up: a prospective, controlled trial. The Tohoku journal of experimental medicine, 238(3), 229-236.2016.
  • Arinaga, Y., Sato, F., Piller, N., Kakamu, T., Kikuchi, K., Ohtake, T., Sakuyama, A., Yotsumoto, F., Hori, T. &Sato, N. A 10 Minite self-care program may reduce breast cancer-related lymphedema: a six-month prospective longitudinal comparative study. The Journal of Lymphology. 49, 93-106. 2016.
  • Arinaga, Y., Piller, N. &Sato, F. How can we know the true magnitude of any breast cancer-related lymphoedema if we do not know which is the true dominant arm? Journal of Lymphoedema. 11, 27-34. 2016.
  • 有永洋子,佐藤冨美子. 19章エビデンス統合とエビデンスに基づく実践のための方略. バーンズ&グローブ 看護研究入門 原著第7版-評価・統合・エビデンスの生成-.Grove SK, Burns N, Gray JR著.者黒田裕子,中木高夫,逸見功監訳. エルゼビアジャパン.422-454.2015
  • 有永洋子,佐藤冨美子,佐藤菜保子. 28章研究計画書の作成. バーンズ&グローブ 看護研究入門 原著第7版-評価・統合・エビデンスの生成-.Grove SK, Burns N, Gray JR著.者黒田裕子,中木高夫,逸見功監訳. エルゼビアジャパン. 568-590.2015
  • 有永洋子, 佐藤冨美子. オーストラリアFlinders Medical Centre(FMC)における乳がん体験者への支援 第2報:乳がん関連リンパ浮腫ケア. 東北大学医学部保健学科紀要. 25, (in press) 2016. (査読有)
  • 松浦江美, 大田明英, 有永洋子, 折口智樹.リウマチ性疾患患者のストレス不適応についての研究.保健学研究、28,37-45. 2016. (査読有)
  • 佐藤冨美子,有永洋子. オーストラリアFlinders Medical Centre(FMC)における乳がん体験者への支援 第1報: 乳がん診断後の生活の再構築を促進する支援. 東北大学医学部保健学科紀要.25, (in press) 2016. (査読有)
  • 有永洋子, 佐藤冨美子, 佐藤菜保子, 柏倉栄子. 乳がん治療関連リンパ浮腫患者へのセルフケアプログラムによる患側上肢体積減少効果. 日本看護科学会誌 35, 10-17. 2015.(査読有)
  • 有永洋子, 佐藤冨美子, 佐藤菜保子. 乳がん治療関連リンパ浮腫セルフケアプログラムによる患側上肢体積減少と患者特性との関連. 日本がん看護学会誌 29, in press. 2015.(査読有)
  • 有永洋子. アロマセラピーと簡易エクササイズを用いたセルフケアプログラムによる乳がん治療関連リンパ浮腫管理に関する研究[The management of breast-cancer-treatment-related lymphoedema with a self-care program using Aromatherapy and Simple Exercise]. 東北大学大学院医学系研究科保健学専攻家族支援看護学領域博士論文. 2014.(査読有)
  • 有永洋子, 佐藤冨美子. ヘルスサポートニュース.アロマセラピーとエクササイズを用いた乳がん治療関連リンパ浮腫自己管理プログラムの効果に関する研究. 一般社団法人山形ヘルスサポート協会, pp. 23-24, 2013.
  • 有永洋子. 2013佐川がん研究報告.アロマセラピーとエクササイズを用いた乳がん治療関連リンパ浮腫セルフケアプログラムの長期管理効果. 公益財団法人佐川がん研究振興財団, pp. 28-32, 2013.
  • Arinaga, Y., Holistic management of lymphoedema in Japan: two contrasting cases. Journal of Lymphoedema 7, 40-43. 2012.(査読有)
  • 有永洋子, (論文解説)難治性呼吸困難感をもつ患者に対する緩和的酸素療法の効果:酸素と空気を比較した無作為化二重盲検比較試験.Abernethy AP, McDonald CF, Frith PA, Clark K, Herndon II JE, Marcello J, Young IH, Bull J, Wilcock A, Booth S, Wheeler JL, Tulsky JA, Crockett AJ, Currow DC. ‘Effect of palliative oxygen versus room air in relief of breathlessness in patients with refractory dyspnoea: a double-blind, randomised controlled trial’. Lancet 2010; 376(9743) : 784-93, In: 日本緩和医療学会ニューズレター, p. 144.2010.
  • 由井洋子, (論文解説)在宅終末期がん患者における緩和的鎮静の安全性および有効性.Alonso-Babarro A, Varela-Cerdeira M, Torres-Vigil I, Rodriguez-Barrientos R, Bruera E At-home palliative sedation for end-of-life cancer patients Palliat Med.2010;24(5):486-92, In: 日本緩和医療学会ニューズレター, p. 116.2010.
  • 由井洋子. V.緩和ケアにおける海外の教育研修プログラムとその実際―オーストラリア,「ホスピス・緩和ケア白書2006」志真泰夫,恒藤暁,松島たつ子,山崎章郎編集.(財)日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団. 35-38.2006.
  • 有永洋子, 看護独自の介入で患者の痛みを緩和する. メンタルケアナーシング 3, 1-7. 1999.
  • 有永洋子. がん患者の倦怠感 どう見る どう取る-アロマセラピーマッサージは倦怠感にどのような効果があるか. Expert Nurse 15, 57-59. 1999.
  • 穐山絵麻, 有永洋子. 患者・家族の選択を支援する看護 ターミナルケアの現場で―アロママッサージを活用した患者の肉体的な苦痛と精神的な不安の軽減. ナースデータ 20, 39-42. 1999.
  • 有永洋子, Overseas Update~オーストラリアでのターミナルケア. Carlisle 3. 1998.
  • 有永洋子. Relfexologyの倦怠感に関する効果. 死の臨床 21, 188. 1998. (査読有)
  • イアン・マドックス, 鈴木正則, 有永洋子, 緩和ケアにおいてナースに望まれる役割とは. Expert Nurse 14, 72-75. 1998.
  • 有永洋子, ケアに利用できるアロマセラピーグッズ・ガイド. Expert Nurse 14, 90-91. 1998.
  • 有永洋子. アロマテラピーを取り入れた看護ケアの実際. Expert Nurse 14, 94-95. 1998.
  • 有永洋子. Complementary careの緩和ケアとしての有用性. 死の臨床 20, 194. 1997.(査読有)
  • 有永洋子.(報告・連載)私の海外留学体験記. エキスパートナース. 1996-1997.

Presentation

  • Yoko Arinaga, Neil Piller, Fumiko Sato, Hisashi Hirakawa, Takanori Ishida, Takeyasu Kakamu, Tohru Ohtake, Katsuko Kikuchi, Akiko Sato-Tadano, Gou Watanabe, Hiroshi Tada, Minoru Miyashita. The addition of a simple 10 minute self-care for breast cancer related lymphoedema improves hand volume and QOL: Results of pilot randomized controlled study. In 2016 Asia Pacific Lymphology Conference, integrating the 11th Australasian Lymphology Association Conference and the 6th International Lymphoedema Framework Conference, Darwin, 2016.
  • Yoko Arinaga, Neil Piller, Fumiko SatoThe effect of perceived and measured limb dominance on Breast Cancer Related Lymphoedema: Its impact on accurate diagnosis and outcomes. In 2016 Asia Pacific Lymphology Conference, integrating the 11th Australasian Lymphology Association Conference and the 6th International Lymphoedema Framework Conference, Darwin, 2016.
  • Arinaga, Y., Sato, F., Piller, N.B., Kakamu, T., Hirakawa, H., Sasaki, R., Ishida, T., Sato-Tadano, A., Kikuchi, K., Ohtake, T., Miyashita, M., Watanabe, G., Tada, H., The addition of exercise to self-lymphatic drainage programs improves BCRL related symptoms, In: 25th World Congress of Lymphology, San Francisco, p. 5. 2015.
  • Arinaga, Y., Piller, N., Sato, F., 3 months self-care may reduce breast cancer related lymphoedema., In: 5th International Lymphoedema Framework Conference, Glasgow. 2014.
  • 有永洋子., 佐藤冨美子., 菊地克子., 各務竹康., 柏倉栄子., 佐藤菜保子., 乳がん治療関連リンパ浮腫セルフケアプログラムによる患側上肢体積減少と患者特性との関連., In: 第29回日本がん看護学会学術集会, 横浜市2015.
  • 佐藤冨美子., 佐藤菜保子., 有永洋子.,乳がん術後3年までの上肢機能障害予防改善に向けた介入によるQOL効果, In: 日本看護科学学会学術集会講演集, 名古屋, p. 293. 2014.
  • 有永洋子(シンポジスト). 企画委員会主催シンポジウム「真の援助者を目指して」,第38回日本死の臨床研究会年次大会, 大分, 2014.
  • 有永洋子(講師),乳がん関連リンパ浮腫セルフケアプログラムの効果, In: 第16回みちのく乳腺塾, ホテルサンルートプラザ福島. 2013.
  • 有永洋子(司会兼シンポジスト). シンポジウム「緩和ケアにおけるリハビリテーション」, 第9回京滋緩和ケア研究会, 京都, 1998.

Grant and scholarship

  • 令和元年創業者広報活動支援補助金 20万円
  • 平成28年-30年日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C) (代表) 468万円
  • 平成26-30年度日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(B) (分担) 792万円
  • 平成24-27年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C) (代表) 494万円
  • 平成24年度山形ヘルスサポート協会研究助成金(代表)10万円
  • 平成24年度佐川がん研究振興財団がん研究助成金(代表)100万円
  • 平成23年度豪州首相日本対象教育支援プログラム(代表),A$4638.